ジム ジャームッシュ『 ナイト オン ザ プラネット』

今回から、私が好きな映画や展示、本などを紹介することになって今日はわたしにとって特別な映画を紹介したいとおもいます

ベック映画1.jpg

ジム ジャームッシュ監督の『ナイト オン ザ プラネット』ていう映画で、人と人の出会いから始まる物語の内容もすきですが制作年度がわたしが生まれた1991年でなんだか運命をかんじてさらにすきです

この映画の独特なところは、一晩のような視点に5つの都市のタクシーの中での物語を並べたオムニバス形式をしていることで
壁に掛かった5つの時計が現れて、順番に各都市の話が始まります🕛

タクシー運転手と乗客との短い出会いの中の会話は、人そのものや人と人の関係性についての作品を作っている最近、思い出してみたらやっぱりまたいろいろ人と人との出会いの意味を考えさせる作品でした。

各都市、場所はもちろん雰囲気もちがういろんな場所から起きるヒューマニズムの物語、とてもこころがあたたまったり、いろいろかんがえさせてくれます。

みんなにもぜひぜひ見てほしい映画です